「低温」がドライヤーを選ぶ時の1つのキーワード


こんにちはー、竹中です。

皆さんは「髪がダメージする原因とは?」と質問されると何て答えますか?
 
 
例えば、カラーリングやパーマによる薬剤ダメージ、紫外線によるダメージ、ドライヤーの熱によるダメージ、摩擦など。
 
他にもあると思いますが、ざっとこれぐらいにしておきましょう(本題は別なんで)
 
色んな要因がある中で今回はドライヤーの熱によるダメージについての話。
 
 

熱ダメージとおすすめ商品

 
 
今回のポイント
✔ドライヤーの吹き出し口の温度 
✔熱によるタンパク変性
 
 

ドライヤーの吹き出し口の温度



 
まず一般的なドライヤーの吹き出し口の温度は100~120度ほどで、中には140度くらいの商品もあります。

温度が高いと『早く乾きそう♪』と思われる方も多いのでは?

確かに、ただいつものご自身の乾かし方を少し思い出してください。
片手でドライヤーを握り、もう片方は何もしない、もしくはたまに振り動かす。
 
ドライヤーの風だけで乾かすと、表面や毛先に多く温風があたるため、内側が乾くころには表面や毛先はオーバードライします。(硬さ、パサつき、枝毛の要因に繋がります)
 
そうなってくると温度が高く、風量が強いドライヤーが一概にオススメとは限りません。
 
 
 

熱によるタンパク変性



 
生卵をお湯で温めると、ゆで卵になりますが、一度ゆで卵になれば当然、元の生卵には戻りませんよね。

卵はタンパク質で髪も同じタンパク質です。すると髪にも熱を加えると元の形(ここ大事!)に戻らない。
 
 
つまり髪に、ある温度以上の熱をあてるとタンパク変性(形が変わっちゃう)がおきて元には戻らないってこと。
 

ではその温度とは?

 
もう一度おさらいです。

約60度でタンパク変性が始まると言われてます。
先の話に戻りますが一般的なドライヤーの吹き出し口の温度は100~120度

5cmくらい髪から離してドライしても80~90度ほどはあります。なので熱分散のためドライヤーを振ることになります。
 
要は、高温のドライヤーで毎日髪を乾かし続けると、当然髪は熱で硬くなる。硬くなると髪の収まりや枝毛など扱いづらさに繋がります。
 
するとドライヤーで髪を傷めないようにするには高温ではなく、《低温》が1つキーワードになってきます。
 
ドライヤーの吹き出し口の温度が80度くらいであれば、使う距離を考慮してタンパク変性がおこらない60度以下《低温》の条件として当てはまりますねぇ。
 
すなわちタンパク変性が極めておきにくい条件になる。
 
で、このブログでも前回紹介したドライヤー、【復元ドライヤー】がその条件を満たしてるので僕のオススメです。

 復元ドライヤーはたくさんの特徴(特許なども)を兼ね備えた商品ですが、こと《低温》に関しては実際に使用し、体感すると納得してもらえると思います。
 
 ドライヤー買い換えるならキーワードは《低温》
 

ではでは~

オススメの関連記事
「復元ドライヤーPro 取扱い開始」
 

organic shop&salon Gajah

神戸市 JR六甲道駅「北口」(フォレスタ側)より徒歩3分にある美容院。アンチエイジングを主体とした自然の摂理に沿った商品を扱うオーガニックショップ&サロン。 *スマホの方は各ページの右上のメニューバーをクリックすると「Shop」や「Web予約」など全カテゴリーをご覧になれます。